予算管理
メインメニュー
コンテンツ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
資格の大原 簿記講座 3大キャンペーン始まりました。
トップ (メニュー)  >  管理会計  >  予算管理

予算管理


 

予算の意義



経営計画の策定にあたって、「事業計画」を作成することになる。さらに事業計画実行のため計数で現す「財務計画・予算」を作成することによって完全な経営計画となる。

予算の設定の方法には、トップダウン方式、積み上げ方式とあるが、積み上げ方式の場合の予算は、現場管理者が策定に関与し、予算と実績の管理においても、その現場管理者が、予算統制を行うことで達成意欲、モチベーションが向上され長所が多いとされいる。

経理部門は予算策定に必要な会計情報を提供し、予算案を取りまとめはするが、あくまでスタッフであり、実際に金額をコントロールするのは現の管理者である。

予算管理がうまくいくか否かは、現場管理者が予算の策定に関与し・管理し、コントロールしていくことで効果がでる。 経理が主導で行われた場合はうまくいかない。


これからの予算管理について⇒


予算管理の目的


予算管理には、次のような目的があります。
 

(1)目標管理

目標を掲げ、その実現に向けて努力することが大事なポイント。企業経営上のアクションを予算策定により具体化し、さらに目標設定し、明確にしていくことが大切です。
 

(2)経営のコントロール

予算により具体化された経営目標を基準値として、経営をコントロールしていくことができます。(予算実績管理
 

(3)コミュニケーション機能 

経営計画の達成・実現のためには、他部門との適切なコミュニケーションが必要でありますが、それを予算策定・予実績管理を通じて実現することができます。
 
 

予算編成手続き


予算編成手続きは以下のような流れになります。

予算編成方針(社長)
     ↓  
販売予算・製造原価予算・販管費予算・金融予算(各部門)
     ↓  
損益予算(経理取りまとめ)
     ↓  
設備投資計画、人員計画(損益予算を踏まえて検討)
     ↓  
資金予算(財務部門)
     ↓
予算貸借対照表・キャッシュフロー計算書(経理取りまとめ)

 

 

原価上の予算実績管理

企業が支出する費用で一番を大きいものが売上原価です。
原価管理のベースとも言える、実績と予算の比較管理はとても重要です。

原価での予算実績管理は、予算と実績の差異が「単価」の増減によるものか、「数量」の増減によるものかを区別して分析することができます。
 

数量差異=(実績数量−予算数量)×予算単価

価格差異=(実績単価−予算単価)×実績数量

※算定根拠
実績−予算 =実績単価×実績数量−予算単価×予算数量
=実績単価×実績数量−予算単価×実績数量+予算単価×実績数量−予算単価×予算数量
=実績数量×(実績単価−予算単価)+予算単価×(実績数量−予算数量)
=数量差異+価格差異
 

関連ページ

予算管理について ⇒ 

脱予算経営について ⇒

 


 

脱予算経営
ジェレミー ホープ ロビン フレーザー Jeremy Hope

4820118145

関連商品
脱予算経営への挑戦
日本型脱予算経営
社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!

 

プリンタ用画面
投票数:89 平均点:4.38

前
管理会計とは?
カテゴリートップ
管理会計
次
予算管理とは?
PR

利益・儲け Project
Administrator
I Love U All ! PetitOOps chatnoir